2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Diary of the Dead 



ジョージ・A・ロメロ監督の最新作、「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を池袋シネマサンシャインで観てきました。

壁からゾンビの手でてました。こえーよ。
バイオハザード2の警察署の廊下思い出しちゃいましたよ。
あれは…怖かったなぁ…。

劇場でゾンビ映画、というかホラー映画観るの初めてだから
ちょっとドキドキ~なんて思ってたんですが、
ダイアリー~を観てる途中で「あ、そういやバイオハザード3は劇場で見たじゃん!」と思いだし、
心の中でミラ・ジョヴォヴィッチにゴメンと謝ってました。



まぁまぁ面白かったです、ダイアリー。
ゾンビをメインにした疑似ドキュメンタリー映画でした。

ブレアウィッチプロジェクトと同じ撮影方法、POV(主観映像)で撮られてるから人によっては画面酔いしちゃうかも。

バイオハザードみたいな派手なアクションシーン満載なゾンビ映画を
期待して観に行くとガッカリしちゃう内容ですけど。
カップルで観に来て、彼女が彼氏に「キャーコワーイ」って抱きつくタイプの
パニックホラー映画でもないしw

普段から全然映画みない僕が言えるもんじゃないですけど、
なんかメッセージ性がかなり強かったですね。悪く言うと、説教臭いというか。
あとゾンビ映画にしては出てくるゾンビが少ねぇーw
ゾンビ発生からあまり時間が経っていのと、低予算ってのもありそうだけど。

ただ、ゾンビはあまり出てこないし、派手なアクションシーンもないんですけど
緊張感が途切れずに最後まで見れてちょっとびっくり。
二つの意味で「あれ、もう終わり?」って思いました。
熱中してて時間が経つのが早かったのと、ここで終わりかい!ってのとw

POVとは言え、最初から最後まで同じカメラの映像のみというわけではなく
飽きさせないように色々と工夫させられてましたね。
あとやっぱりグロいw思わず目を背けてしまうようなエグいシーンもあるし、
明らかに笑いを誘ってるシーンもあったりでなんだかんだ言って楽しめました。

過去のロメロ作品や最近のゾンビ映画のようなカタルシスをちょこっとだけ
求めていた僕にとっては、ラストがちょっと消化不良だったかな。

それでも、かなりシリアスでリアルな擬似ドキュメンタリーだったし、
こーいうゾンビ映画も有りと言えば有りです。面白かった。

DVDで出たらまた観たいです。ロメロのオーディオコメンタリー聞きてえ。
スポンサーサイト
[ 2008/11/18 23:30 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。