2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J1第三節 VSサンフレッチェ広島&第四節 VSセレッソ大阪 

広島1-4浦和


浦和3-0C大阪

勝った勝った~!!

開幕戦でG大阪と引き分けてからは磐田、広島、C大阪相手に快勝快勝!!

3勝1分、勝ち点10、得失点差は+8!!2位です!


第四節終了時点で2位です!
首位は18チーム中、唯一4連勝の横浜FM。

そして次節ではその横浜FMと浦和レッズが激突!!
早くも天王山です。勝った方が単独首位。分かり易くて良いですね(by 赤木キャプテン)



広島戦のスタメンはこんな感じでした。
()内は交代した選手。
ベテラン内舘が2試合連続で途中出場ですね。

ジュビロ戦後のサテライトの試合では負傷したり凡ミスで失点に絡んだりで、戦力的に心配していたのですが、監督の期待通りの働きを見せているようです。

セレッソ戦では山田キャプテンが下がった後はキャプテンマークを巻いてプレーしました。
いや、ウッチーがキャプテンマーク巻くとやっぱり頼もしいですな。
もちろん暢久キャプテンも素敵。のぶひちゃ頑張れ。

伸二の芸術的ボレー、ワシントンの強烈なミドル、そして闘莉王のブラジルのお母さんに届けゴールと見ごたえ満天のセレッソ大阪戦でした。

ま、前半は0-0だったのが課題ですか。
セレッソも真剣勝負だし、必死に守備してたのでそう簡単にはゴールできない雰囲気もありましたけどね。
何故か混雑している中央でボールを回して、シュートにいく気配が無いのが正直イラつきました。撃てよ!!

そうそうゴールが決まるわけでもないのですが、やはりガチガチに引いている相手にミドルシュートを撃つべし、撃つべし、明日に向かって撃つべし!!
使い古された言葉ですけどね。

横浜FMの守備陣相手では、セレッソ戦のように簡単にパス回しはできないと思うので、意表をついたダイレクトパスやミドルシュート等で横浜を崩してもらいたいです。

一瞬の速さでDFの裏を突き、決定機をモノにする田中達也の復帰が望まれますな。

セルヒオやカニにも期待しておりますぞ。

3/29のナビスコカップ予選では日本代表の坪井、アレックス、長谷部、伸二がいないので若手や控え選手にとってはアピールするチャンス。

……げ!!
そうか、長谷部もいないのか!!攻守に渡って大活躍の長谷部が!!
こ、これは痛い…
伸二もいなくなるので、ポンテとツーシャドーを組む2人がいない。
と、なるとワシントンと永井(or黒部、セルヒオ、岡野、カニ)のツートップにするのか、
山田暢久をトップ下に上げて、右サイドに平川(or永井、岡野)を起用するか。
啓太とボランチを組むのははたして?
ウッチー、暢久、酒井、細貝…
左サイドは相馬の初先発なるか!?それとも平川か?
坪井の穴を埋めるストッパーは!?
うおお!!代表組がいないナビスコ予選リーグも楽しみだ!!

浦和レッズ万歳!!
[ 2006/03/21 21:22 ] 浦和レッズ・サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urawareds.blog11.fc2.com/tb.php/238-51cd8e91


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。