2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

S.H.Figuarts ドモン・カッシュ 



S.H. Figuarts ドモン・カッシュ!

S.H. Figuarts とは「人間可動によるキャラクター表現の追求」をテーマにした新スタンダードフィギュアシリーズです。

と、「S.H.Figuarts公式サイト」に書いてあります。

エス・エイチ・フィギュアーツと読むみたいです。
発売元は天下のバンダイさん。
仮面ライダーシリーズのアクションフィギュアがメインラインナップなんですけど、
何故か「機動武闘伝Gガンダム」の主人公、「ドモン・カッシュ」が発売されてました。



今までありそうでなかった、ガンダムファイターのアクションフィギュアということで、
ちょっと興味がわいて買ってしまいましたよ。




ドモン・カッシュ。
ネオジャパンコロニー出身のガンダムファイター。
コロニー格闘技のチャンピオンで、キング・オブ・ハートの称号を右手に持っています。

声優は関智一さん。熱い声です。

1994年4月から放送が始まったんですが、当時の僕はあまり見ていませんでした。
というか、まったく見てなかったです。
たしか習い事と時間かぶってて、見ようにも見れなかったんですよねえ。
ビデオ録画とか、そんなこと思いつきもしなかったし。



ちゃんと見たのはケーブルTVでの再放送ですね。
それまでスパロボでちょろっとストーリーを知ったくらい。



付属品とかいろいろ。

とにかく手首がアホみたいに入ってます。
全部で8セット!
石破天驚拳っぽい光球やらビームタスキなるマニアックなものまで…



組み立て式の専用スタンドもあります。



普通に素立ち。あ、ハチマキつけるの忘れてた。




ハチマキつけて、後ろ姿。
真っ黒なスーツのおかげで関節部分もあまり目立たなくて良い感じ。



人型フィギュアもけっこういけるじゃないですかバンダイさん。



で、よく動きます。



見ての通り、全身黒タイツみたいな恰好なんで、
他のアクションフィギュアみたいに衣装が邪魔になって動きを制限されるなんてこともないのが大きい。



身体やわらかいですね~



いっちにっ、さんしっ



正座も楽勝よ!



がっくりポーズも余裕よ!



表情は全部で3種類。



目を閉じた表情と



クワッ!と目と口を開いた表情。



スタンドを使うとこんな感じです。



シャイニングフィンガーの手は奇麗な蛍光グリーンで塗装されてます。



「俺のこの手が光ってうなる!お前を倒せと輝き叫ぶっ!」

このキメ台詞は衝撃的でしたねー。
えー、ガンダムでこういうの有りなん!?ってスパロボで初めてこの技を見た時に思いました。



キングオブハートの紋章が描かれている手もあります。
さすが、こういうツボは押さえてますね。



あぐら、というか座禅までできちゃう!
このポーズ、すんごい気に入った。しばらくこのまま飾っておこ!



「東方不敗、アンタは間違っている!!」

ドモンが発売されてるんだから、師匠の東方不敗マスターアジアさんも
出るんだろうな~と思ったんですけど、
公式サイトのラインナップを見ても、発売予定すらないみたいでガッカリ。
そのうち出てくれるのを祈ってます。






ドモンと言えば、ゴッドガンダム。
やっぱ、並べると絵になるなあ。



このゴッドガンダムはMG(マスターグレード)です。
不器用なんで組み立てるのにえらい苦労しました。
ほとんどパチ組なのに6~7時間くらいかかったなぁ。

とあるガンプラのレビューサイトの管理人さんは、
3時間くらいで組み立てたとか言ってたんで驚きました。
あまりのスキルの差に愕然。

シャイニングガンダムは持ってないです。
組み立てにかかる時間を考えるとちょっと手が出せない…
ぶっちゃけ、シャイニングはそこまで欲しくもないってのもあるんですけど。



あと、このゴッドガンダムのプラモ、左肩の白いパーツと、ゴッドスラッシュの柄を一本紛失しているため、
見栄えがあまりよくありません。プラモの神様ごめんなさい。
パーツ請求しないとなー。



ゴッドスラッシュ!



愛と怒りと悲しみのシャイニングフィンガーソードのほうが雰囲気でそうですね。



「俺のこの手が真っ赤に燃えるゥ!勝利を掴めと轟き叫ぶぅ!」



「ぶわぁくねつ!ゴッドォ、フィンガァーッ!」



あー、暑苦しい。でも大好き。
ガンダムでこんな熱血ロボットバトルをやるだなんて誰が想像したでしょうか。

1stから見ていた当時のファンの方々の反応は賛否両論だったに違いない。
僕の年代だと、普通に受け入れてる人が多いみたいですけど。



「ヒィィィィト・エンドッ!」

いやー、スパロボでも熱くて暑苦しい演出がありますからね~。
Gガンが参戦してたら、ぜったいに贔屓して育てちゃいますね。



「いくぞ!流派・東方不敗の名のもとにっ!」



「俺のこの手が真っ赤に燃えるぅっ!」



「勝利を掴めと轟き叫ぶっ!」



「ばぁぁぁくねつ!ゴッド・フィンガァァァッ!」



「石破っ!天驚っ!」



「けぇぇぇぇぇぇぇんっ!!」






S.H.Figuartsのドモン・カッシュでした。

東方不敗も発売されたら絶対に買うのに!
けど、ドモンと絡ませたりマスターガンダムと一緒にポーズつけて写真撮るのが
すんごい大変そうだから、出ないなら出ないでも別にいいかなぁ…

なんて思ったりしちゃう僕はスーパーチキン野郎ですか。
[ 2008/11/09 22:24 ] ガンダム・ホビー関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urawareds.blog11.fc2.com/tb.php/395-70bb453a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。