2005 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 06












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Jリーグ第31節 VS FC東京 



0-1で勝ちました~!

2週間ぶりのJリーグ、前節さいたまダービーで大宮に0-3で負けたレッズは
リーグ戦4連勝中、さらに11/3のナビスコカップ決勝戦で川崎を下して
カップウィナーとなったFC東京と今季2度目の対戦です。

得点者:49分、エジミウソン



前半は互いに見せ場なし、決定機も作れず…といった感じでしたね。
開始早々に原口が遅延行為でイエローカードを貰ってイヤ~な感じに。



ハーフタイム中、味の素とFC東京のマスコットが愛嬌を振りまいていました。
FC東京のマスコットを生で見るの初めてだな~。かわいいやつめ。

後半は立ち上がりからレッズが人数をかけて攻め立て、
一気に叩いてやるという気迫を感じましたね。
立ち上がりからの勢いそのままに、右サイドで原口と峻希の連携から
峻希がセンタリング、中央でフリーだったエジミウソンが胸でトラップして
豪快に蹴り込んでレッズが先制!

出場停止明けのエジがやってくれました。

その後も先制した勢いに乗って追加点を奪おうと前線から
積極的にプレスをかけボールを奪い、速攻につなげていったのですが
レッズのCKで相手にボールを奪われ、カウンターを阻止しようとしてファウルで止めた
原口が今日2枚目のイエローカードを貰って退場…
2試合連続で退場者を出すことになってしまいました。厳しいね~。

でも前節と違うのはリードしている状況で10人になったということ。
10人の方が不利なのは当たり前なんですが、リードしている状況では
「まず守備を固める」という意識でチームが統一されるので
最後まで集中して守りきってしまうケースがよくあるのです。



今季のレッズは1-0で勝った試合が多々あったし、
逃げ切りに専念したときの守備陣の集中力は折紙付きです。

とは言え数的には不利なのでFC東京の猛攻を最後まで浴びることになったんですけども。
今日はGK山岸に何度も何度も助けられました。
枠内に飛んだミドルシュートも2本くらいあったなぁ…。どれも際どいコースでした。

エジに代わって入った高原も課されたタスクをしっかりとこなしていましたね。
しっかりとパスを受けてボールをキープして時間稼ぎ、
そしてばたばたと倒れてファウルを貰うw

本来ならFWとしてゴールを狙って欲しいんですけど、
まぁ今日みたいな状況じゃ仕方ないですよね。高原も割り切っていたと思います。

なにはともあれ、さいたまダービーでの惨敗からしっかりと立ち直って
アウェーでFC東京に勝てて良かった良かった。
なんとかACL出場権獲得に望みを繋ぎましたよ。

しかし7連敗の後は快勝→ホームで情けない敗北…という
嫌なコンボが続いているので油断はできませんね~。

川崎に2-0で勝利→横浜FMに1-2→千葉に3-1→松本山雅に0-2→新潟に1-0→
大宮に0-3→FC東京に1-0→次節ジュビロ磐田戦(ホーム)

順番的に次節の磐田戦は………w

いや、いやいやいや!
選手達も残り試合全勝あるのみってのは解かってるはず!
サポーターも埼スタで選手たちに更に気合入れてもらうためにも
ヌルい空気にならないように気を引き締めないといけませんね。






今日の試合後ゴール裏への挨拶を動画で撮ったので、YouTubeにうpしました~

まぁ、今日は本当に勝てて良かったですよ。
今日の勝利を次の試合に、そして来年にも繋げていかないといけません。
次に繋がるような良い内容だったのかは…、まぁ感じたかは人それぞれでしょうけどw

とにかく後半40分過ぎてからは緊張で心臓バクバクでしたね~。
最後は祈るように試合を見つめるばかりでした。

それゆえに、試合終了後の喜びは格別です。
敵地に響かせる勝利の「We are REDS!!」はまさに甘露。
脳汁ドバドバでますね。

これだからレッズの応援はやめられません。
[ 2009/11/08 21:21 ] 浦和レッズ・サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urawareds.blog11.fc2.com/tb.php/583-1aa0c2f9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。